海外アダルトサイトに入会するなら今かも! ひょっとして円安に向かっている日本経済?

money_strong_yen空前の円高が続く日本経済。これってつまり海外の製品が安く買えるってことなので、当然ですが当サイトで紹介している海外サイトたちも非常に安く入会することができます。

たとえば『カリビアンコム』だったら1ヶ月(30日)が49ドル。この原稿を書いている11月15日現在、1ドルは約80円ですから、4000円となります。

もしも1ドルが100円になったら4900円ですから、900円も高くなってしまうんですね。

現在の円高を利用して、『カリビアンコム』の6ヶ月会員(250ドル)に入会するとします。

1ドル80円だったら2万円。

1ドル100円だったら2万5千円。

その差、5千円ですから、かなり大きな差ですねえ。

 

以下、円高・円安ってなんだろう? というアダルトサイトにはぜんぜん関係ない話です。

円高・円安とは?

1998年、1ドル148円でした。

もしも今1ドル148円の時代だとしたらカリビアンコムの1ヶ月会員は7252円ですから、高いですねえ。

当時は1000円を手に入れるには6.8ドルが必要でした。

その後、1ドル80円になりました。

1000円を手に入れるために必要なのは12.5ドルですね。

円を手に入れるために必要なドルが増えているんですから、1ドル148円から1ドル80円になることは円高というわけです。

円安は、日本の製品を安く買うことができるために、日本の商品を外国が買ってくれますので日本からの輸出が増えます。

円高は、その逆で輸入が増えます。円高の時代には海外のアダルトサイトに入会するのがトクっていうことですね。輸出で儲かるのは難しいので、日本の製造業の社長たちは困っています。

為替相場はどう決まる?

為替相場ってどう決まるんでしょう。

簡単にいえば、ドルを欲しい人が増えたらドル高円安になりますね。

たとえば円安要因は次の3つ。

1つ目は、日本の輸入が増える→購入のためのドルが必要→ドル高円安ですね。

2つ目は、アメリカの金利がすごく高くなる→みんながドル欲しい→ドル高円安です。

3つ目は、日本の景気悪くなる→海外から投資減少→だれも円欲しがらない→ドル高円安です。

なんでドルの話ばっかり?

世の中にはユーロとかペソとかいろんな通貨があるのにどうしてみんなドルの話ばっかりするんでしょう? 世界の通貨はドルを基準に考えられています。なにか基準になる通貨を決めておかないと、いろんな国の人と話すときこまっちゃいますよね。そして、基準になる通貨のことを「基軸通貨」あるいは「キーカレンシー」といいます。

カリビアンコムというのは世界中から入会できますけど、30日で49ドルというのは世界中で同じ価値ですね。

円高と円安、どっちがいいの?

円高のほうがいいですよねー。円高だとカリビアンコムに安く入会できますから。

というのは冗談で、円安のほうが一般的には良いとされています。

まず、日本では輸出産業が一般的なので円安のほうが輸出に有利だから、円安が喜ばれますねえ。

たとえば、120万円の車を日本企業が海外に売るという場面を想定します。

1ドル120円→アメリカは1万ドルで買います。

1ドル100円→アメリカは1万2000ドルで買います。

2000ドルも高くなるんだから、日本から車買うのやめておこうーってなりますね。

つまり円高は競争力がなくなっちゃう。

トヨタは1円の円高で、100億円の利益が減るんだそうです。

それから、円高は物価が下がります。なぜなら、円高になって安くなった輸入品に合わせて国内の会社は商品の値段を下げないといけないからです。そんなわけでデフレに突入してくわけですね。

アダルト動画情報」カテゴリの人気記事

コメントを残す