有料定額動画サイトと価格弾力性(Price elasticity)

みなさん、有料動画定額サイトに月額いくら使っていますか?

私は最近は、カリビアンコムの継続会員になり、いくつかのマニア系のサイトに月替りで加入するというローテーションで入会しています。

やっぱり、カリビアンコムってサイトの内容を考えるとちょっとオトクなんですよね。ほんとうに少しでも安くオトクなサイトに入会したいんですね。

アダルトサイトなんて、どうしても必要なものじゃないんだから、ちょっとでも安くしてくれたら、いつでも入会するのに! っていう感じを「価格弾力性」っていいます。

たとえば、アダルト動画定額サイトの月額が10%値上げしたときに、入会が5%減ったとすると、この場合の価格弾力性は0.5ですね。

価格弾力性=需要の変化率(%)/ 価格の変化率(%)

ってことですね。

少しでも安いことがわかれば、入会が増えるのかも! ってわけで、価格の詳細な比較をしてみました。総合サイトのおすすめ度上位サイトのリストです。

高めいほうから順にならべていきます。

※1ドル90円で計算

一本道の圧倒的な画質の良さに2000円の差を感じられるかどうかってところですね。1000本の動画をダウンロードするとしたら、1本あたりの差は小さいという考え方もできますが。

また、価格弾力性は、スイッチングコストにも影響をうけます。たとえば、カリビアンコムの動画のダウンロードの仕方とか、ファイル名のルールなどに馴染んでいると、トリプルエックスの利用が面倒だったりしますよね。

いったい何の話なんでしょうか……。

コラム, 基礎知識」カテゴリの人気記事

コメントを残す