ギャル系雑誌「egg」が休刊。ギャル系AVもピンチ?

ギャル系雑誌「egg」が休刊してしまいました。

「egg」の創刊は1995年。90年代後半から2000年ころにはガングロメッシュのヤマンバギャルが日本中で大量発生しました。

そんなふうに歴史を作ってきた「egg」が、2014年5月31日発売号をもって、19年9ヶ月の歴史に幕を閉じました。

今では超有名芸能人になった益若つばさや押切もえも「egg」出身ですね。

桃華絵里(モモエリ)で有名な「小悪魔ageha」も出版社のインフォレストが倒産したことにより事実上の休刊となってしまいました。

その他、私は知りませんでしたが、「Happie nuts」「I LOVE mama」などのギャル系雑誌がすでに休刊となっているそうです。

以前はギャルといえばみんながガングロコギャルだったんです。ところが、ギャルの好みがどんどん細分化していって特定の雑誌の部数が落ちてしまったというのが休刊の原因のようですね。確かに昔はギャルの見た目ってみんな一緒に見えましたが、今はいろいろ、ファッションもメイクも細分化されているというのが私のようなオジサンにもわかります。

でも、 そういう土壌があったからこそギャル系AVが次々とリリースされていたという側面もあるわけで、ギャル系AVが減っていってしまうという可能性もあります。そうなったら私はどこへ行けばいいのでしょうか。

そういえば、最近はギャル系の無修正AVのリリースもペースが落ちてきましたね。

とりあえずは過去の名作を見ながらオナニーすることにしますが、今後が心配されます。

なお、ギャル系AVに興味のあるかたは、下記スレをごらんください。

ニュース」カテゴリの人気記事

コメントを残す