AV女王・及川奈央さんの近況【今なにしてるの?】

BrUQbfaCYAAYhgwAVの歴史上最高のAV女優との呼び声も高い及川奈央さん。2000年に活動を開始して、2004年を最後にAV出演はしていませんが、まだ引退宣言はしていないんだそうです。

AV引退後は、テレビ出演が目立ったり、芸能人とのスキャンダルがあったりといろいろ名前を聞きましたが、今では何をしているんでしょうか。私が知っているのは2010年の大河ドラマ「龍馬伝」に出演したことくらいでしたが……。

おそらくAV女優からタレントとしての成功モデルとしては歴史上最高でしょう。

及川奈央さんの無修正動画はカリビアンコムで配信中です。

カリビアンコムのくわしい解説

及川奈央 動画一覧 カリビアンコム【完全無修正】

及川奈央 動画一覧 カリビアンコム【完全無修正】

オフィシャルサイトなど。

今でもまだまだバリバリに活動なさっているし、お美しいですね。というか、今のほうが美しくなったような……。

BrUQbfaCYAAYhgw

BrEL7YICIAEl_jU

1c3bf6e8-s

cad9eb69 c1874374 bd9e1daf a80cc956

最近の活動状況はこんな感じ。

舞台「プレイ」出演(2014年7月)

b0181865_2312367

準主役くらいの扱いみたいですね。スゴイ。

舞台「ハナウレシ」出演(2014年6月)

脚本・演出:キタムラトシヒロ

Z団公演「BARAGA-鬼ki」と並ぶ大人気作品が7年ぶりに復活!
疾風迅雷。長州藩士、高杉晋作の熱き風雲録。

◆キャスト◆

高杉晋作(たかすぎしんさく)・・・・・・・・・・河合龍之介

久坂玄瑞(くさかげんずい)・・・・・・・・・・・林修司
伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)・・・・・・・・・・鳥越裕貴
山縣狂介(やまがたきょうすけ)・・・・・・・・磯貝龍虎

お紋(おもん)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・川村りか
桂小五郎(かつらこごろう)・・・・・・・・・・・滝田明仁
井上聞多(いのうえもんた)・・・・・・・・・・・福澤重文
おうの(おうの)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水崎綾
近藤勇(こんどういさみ)・・・・・・・・・・・・・中村祐志

お雅(おまさ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大林素子
高須久子(たかすひさこ)・・・・・・・・・・・・及川奈央

粟屋帯刀(あわやたてわき)・・・・・・・・・・三上俊

椋梨藤太(むくなしとうた)・・・・・・・・・・・・唐橋充

b0181865_1232754

こちらもけっこう重要なキャストみたいですね。大林素子さんと仲良しなんだそうです。

二人組演劇ユニット「類類〜Lui Lui〜」

久下恵美さんという方と2人組の演劇ユニットを組んでいるそうです。

類類〜Lui Lui〜 (lui_info)Twitter

類類〜Lui Lui〜オフィシャルブログ

o0480036012826823927

いろいろな活動を精力的におこなっているようですね。

及川奈央の自然体にもほどがある2

hqdefault

ニコニコ動画で、「及川奈央の自然体にもほどがある2」という番組を配信しているそうです。

及川奈央の自然体にもほどがある2#1 – ニコニコ動画:GINZA

テレビ出演

Bpx78UcCYAAN4et

TV東京『今夜もドル箱V』に頻繁に出演されているようです。美しい……。

誕生日

2014年4月27日に33歳の誕生日イベントが開催されたそうです。まだまだお若いですね。

復活はしていただけないのでしょうか……。

舞台を終えまして、
早速6月の舞台「ハナレウシ」のスチール撮影や、ある作品の数日間の撮影(情報が解禁されましたらまたお知らせいたします)などでパタパタしておりましたが、ひとまずひと息つきました。

4月ですね。及川の誕生日月です。
もうわざわざお祝いして頂くのも大変恐縮な年齢となりましたが…

皆様にお会いしたく、イベントをさせていただくことになりましたので改めてお知らせいたします。

及川奈央33歳*生誕イベント : Nao Oikawa Official Blog

これを見ると、だれでも参加できるイベントだったようですね? うーん。行ってみたかった。

漫画「みくとラン」

EK-0046227

内容説明
人気女優・及川奈央が漫画原作の執筆に初挑戦!愛猫家として知られる原作者の猫ちゃん(みく&ラン)が、アナタに最高の癒しと笑顔をお届けします。監修に特撮ドラマ『牙狼<GARO>』の脚本・シリーズ構成を務めた梶研吾も特別参加。及川奈央ファンはもちろん、全国の愛猫家の方にも超オススメな名作です!

漫画の原作もしているそうです。

アメーバニュースでは下記のようにご自分のことを語っています。

及川奈央、探究心から極めたAV業引退から10年「ようやく自分が見つかった」

「小学生の頃から転校が多かったせいか、人を冷静に観察するような子供で、『早く大人になりたい』とずっと思っていました。女子同士のグループ付き合いも面倒くさくて、どこか冷めていましたね」と自らの幼少期を振り返る。そんな少女はやがて思春期を迎え、高校を卒業する。その時にふと胸をよぎる思いがあった。「私ってなにもない、空っぽだ」……。

(中略)

2004年のAV引退後、深夜バラエティで活躍。しかし及川自身は「当時バラエティ番組には沢山出演させていただきましたが、それはすべてセクシー要因。自分で仕事を選べる立場にはないし、前職で知名度が上がったことはわかります。でも葛藤ばかりだった」と知られざる苦悩を一人抱えていた。「一般人に戻ろうか」そう考えていた矢先、テレビ東京系深夜ドラマ『ファンタズマ~呪いの館~』の1エピソードを演出する機会を得る。それが及川の人生観をガラリと変えた。

「監督業のすべてを学び、作品創りのすべてを経験させていただいて、もの創りの楽しさにハマりました。初めて“楽しい”と感じることができ、達成感がありましたね」という及川のもとに、また運命的な出会いが訪れる。後に今回の映『ヲ乃ガワ‐WONOGAWA‐』を手掛けることになる山口ヒロキ監督による携帯配信用ムービー『葬儀屋月子』への、セクシー要素ゼロでの女優出演。そこから演じる事への渇望が生まれた。

http://news.ameba.jp/20141031-680/

というわけで、いまでも活発に活動している及川奈央さんでした。

AV女優, テレビ, なつかし」カテゴリの人気記事

コメントを残す