AV女優、単体・企画単体(キカタン)・企画の3分類を徹底解説

麻倉憂ちゃんがWANZFACTORY(ワンファク)に電撃移籍しました。AV女優は単体・企画単体・企画に分類されます。

単体は自身の名前でAVを売ることができる女優、企画単体(キカタン)は特定メーカーと契約してないけど単体で出演できる女優、企画は無名なのでパッケージに名前が出ない女優という分類になります。

以下で、さらに詳述していきます。

単体(タンタイ)

自身の知名度だけで売上を見込める女優を単体と言います。AVのタイトルには女優名が掲載されるのが一般的。逆にいうと、名前を書いただけで売上が見込めるというわけです。

特定メーカーと専属契約を結ぶことが多いので「専属(センゾク)」と呼ばれることもあります。月に1~2本のペースで定期的に出演するのが一般的。単体から企画単体へ移行することを「企画落ち」といいます。

ギャラは100万~300万。

世間一般のAV女優=すごく儲かるというイメージは、単体がつくっています。単体女優はAV女優全体の5%と一般にいわれていますが、実際には3%程度でしょう。

どんなAV女優が単体なのかっていうのは、たとえば「おねだりマスカッツ」に出演しているようなAV女優をイメージしていただければわかりやすいでしょう。

【悲報】恵比寿マスカッツが解散したのでメンバーのエロ動画まとめ。【無修正アリ】

【悲報】恵比寿マスカッツが解散したのでメンバーのエロ動画まとめ。【無修正アリ】

企画単体(キカタン)

単体女優とは違い、専属契約をしていないため、様々なメーカーの作品に自由に出演できるのが企画単体(キカタン)女優。どんな作品にも出演できるので、人気があれば様々なメーカーの様々な作品に出演できるため、月に数十本の作品に出演するキカタン女優もいます。

短期間でたくさんのAVに出演したキカタン女優としては、朝河蘭が2年で516本っていうのが有名です。

朝河蘭(武藤蘭) 「完全無修正動画まとめ」 トリプルエックス

朝河蘭(武藤蘭) 「完全無修正動画まとめ」 トリプルエックス

ギャラは、30万円~100万円。

単体から企画単体になり、また単体に戻る女優なんてのもいます。麻倉憂は、キカタン時代のあとに、WANZFACTORY(ワンファク)に移籍していました。

麻倉憂ちゃんがWANZFACTORY(ワンファク)に電撃移籍しました。

麻倉憂ちゃんがWANZFACTORY(ワンファク)に電撃移籍しました。

キカタン女優は、2000年ころのセルビデオブームのときに誕生しました。当時の代表的なキカタン女優は堤さやか・長瀬愛など。

当時、単体女優はレンタルにしか出演しないし、パッケージさえ可愛ければレンタルされたので、ハードな絡みはしませんでした。

いっぽうで、キカタン女優は無修正でハードな絡みを繰り返し出演作品も大量だったので、いっきにキカタンの時代になりました。つい最近無修正AVデビューしたさとう遥希なんてのも代表的なキカタン女優です。

さとう遥希「初裏デビュー」トリプルエックス

さとう遥希「初裏デビュー」トリプルエックス

企画(キカク)

脇役、エキストラのようなAV女優です。無名なのでパッケージに名前は書かれない。

ギャラは3万~20万程度。AV女優全体の8割はキカク女優です。

現在DMM.R18で人気がある企画AV

club00108pl

巨乳水着ギャルばかりを狙う 海の家ナンパエステ

1avop00006pl

ナチュラルハイ15周年記念作品 痴漢集大成2014

15dss00156pl

GET!! 素人ナンパ 20th Anniversary記念盤 10時間!50人 Best in Get of history 素人ナンパAVはGETから始まった

1dvdes00711pl

完全撮り下ろし乳もみナンパ!おっぱいパワーで日本を元気にしよう!!恥じらう赤面素人娘100人の色・形・大きさの違う生おっぱいを揉んで!触って!鷲掴み!街行く女の子たちに交渉→即揉み!

1sdde00331pl

壁!机!椅子!から飛び出る生チ○ポが人気のお店 「喫茶しゃぶりながら」・・・さらにハメながら

コラム」カテゴリの人気記事

コメントを残す