元恵比寿マスカッツのメンバーだったグラビアアイドル永瀬ゆみさんが、イメージビデオに肛門が映っていたとして、慰謝料300万円の民事訴訟をおこす。

2a10b7f0元恵比寿マスカッツのメンバーだったグラビアアイドル永瀬ゆみさんが、イメージビデオに肛門が映っていたとして、慰謝料300万円の民事訴訟をおこしました。

【悲報】恵比寿マスカッツが解散したのでメンバーのエロ動画まとめ。【無修正アリ】

結果的に、220万の支払いということで結審したようですね。

出演したイメージビデオを見ると、NGだったはずの肛門が…。

驚いた元グラビアアイドルの女性(34)が、大阪市内のビデオ制作会社に対し、慰謝料300万円を求めた民事訴訟の判決がこのほどあり、
制作会社側に220万円の支払いを命じる判決が言い渡された。ビデオ業界では、ありがちなトラブルだが、訴訟になったのは前代未聞という。

今回の司法判断は業界に波紋を広げそうだ。

「性器や肛門といった部分は体の中でも特に秘匿性が高い部分。商業目的で意思に反して不特定多数人に閲覧させることは、羞恥心を著しく傷つける」
今月12日に神戸地裁尼崎支部であった判決で、女性裁判官は、制作会社が作品の中で女性の肛門を瞬間的に映り込ませたと認定し、こう結論付けた。

判決などによると、女性は現役当時、ロリ顔にGカップバストの持ち主として人気を博し、テレビ番組にも出演。
問題の作品は、2011年に発売された3本と総集編の1本で、米国で行った撮影をきっかけに、制作会社との間でトラブルが起きた。

女性は主に下着や水着などを着て、きわどいポーズを披露するイメージビデオに出演。問題の作品では、フルヌードNGなどの条件で出演を決めたが、
撮影直前になって制作会社と女性の間で出演条件に食い違いが生じたという。

女性はスタッフらとすでに米国入りしていたため、渋々フルヌード撮影を承諾し「アナル(肛門)は映さない」「カメラマンが体に触れない」などの条件で出演を承諾。
制作会社は女性の事務所に3本で計160万円の出演料を支払い、女性には半分の80万円が支払われた。

しかし、3作品を再編集した総集編が13年に発売されると、女性はNGだった肛門が修整処理なしで映り込んでいたことに激怒。
「芸能界を引退し、家族とともに安穏な生活を送ろうとしたところにDVDを発売され、耐え難い精神的苦痛を受けた」として昨年8月に提訴した。

訴訟では、女性が法廷のモニターに映し出された作品の映像を確認しながら、弁護士からの「アナルとは何ですか」や「どのあたりに映っていますか」
などの詳細な質問について生々しく証言。「ヌードは好きでもない男性には絶対に見せたくない。
主人も仕事がなく、私が働くしかなかった。子供とディズニーランドに行く約束もしていたし、タダでは帰れなかった」と当時の心境を告白した。

一方の制作会社側は肛門などの映り込みを否定し、「出演条件は女性と所属事務所の間でのトラブル」と主張していたが、神戸地裁尼崎支部は退けた。

判決について、女性の代理人の弁護士は「本人の意思に基づいて取材はお断りしている」と話している。

制作会社側は「アナルの映り込みで慰謝料を求められたケースは聞いたことがない。判決が確定すれば他の作品やメーカーにも影響が出かねないので、
控訴してなんとか踏ん張りたい」としている。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20141222/enn1412221528017-n2.htm

これって、たとえば、そのグラビアアイドルが過去に、どの程度の露出のある作品に出演していたとか、考慮されないのでしょうか。

芸能・アイドル」カテゴリの人気記事

コメントを残す