元中学校校長がフィリピンで1万2000人の少女と売春し逮捕【加藤鷹より多い】

takasimajpg

横浜市の元公立中学校校長が、平成27年4月8日児童買春、「児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに保護等に関する法律(以下:児ポ法)」違反の容疑で逮捕されました。

“性獣”元校長 莫大な買春数の謎と性癖

聖職者どころか、もはや“性獣”と言うべき元校長が逮捕された。神奈川県警少年捜査課などは8日、フィリピンで女児とのわいせつ行為を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、横浜市金沢区の元市立中学校長の高島雄平容疑者(64)を逮捕した。買春した女性は26年間で延べ1万2000人以上! 自宅からは、約15万枚のハメ撮り写真などがご丁寧にナンバリングされた“思い出アルバム”も発見された。1日1人こなしても35年かかる計算。超精力元校長の信じられない性癖とは――。

“性獣”元校長 莫大な買春数の謎と性癖

中学校の校長先生が、フィリピンで女の子を買って、セックスして映像を撮影していたとのこと。

27年前からの合計で1万2000人。自宅には、少女とのわいせつな行為を撮影した写真14万7600枚が400冊のアルバムに収められており、少女ごとに番号が付けられ、一番最近のは1万2660番だった。1日10人程度の買春をし、一人当たり2500円ほどを渡していたそうで。

異常な数ですね。

加藤鷹は1万5千本のAVに出演していて9000人とセックスしたらしいので、それをはるかに上回る人数です。

しかし、どうして海外なのに逮捕されるのでしょうか? たとえば、マリファナが合法の国へ行って、日本人がマリファナを吸って逮捕されるなんていうことはありませんよね。

これは、一部の刑罰法規は、「属地主義」ではなく「属人主義」が適用されるという規定によります。

たとえば、仮に殺人が許可されている国で日本人が人を殺しても「属人主義」として逮捕されるわけです。

児童ポルノ法はの第一条には下記のようにあります。

第一条  この法律は、児童に対する性的搾取及び性的虐待が児童の権利を著しく侵害することの重大性に鑑み、あわせて児童の権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ、児童買春、児童ポルノに係る行為等を規制し、及びこれらの行為等を処罰するとともに、これらの行為等により心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置等を定めることにより、児童の権利を擁護することを目的とする。

この「国際的動向を踏まえ」という部分が適用されて逮捕に至ったのはないでしょうか。

まあ、とにかく児童ポルノに手を出してはいけませんね。外国人好きなら金8天国を見ておきましょう。こちらは合法ですよ。

金8天国のくわしい解説

ニュース」カテゴリの人気記事

コメントを残す