AV女優のオマンコを楽しめる未来? 質感まで伝えられるデバイスが開発中です。

10917886_1555039861406711_5982834087111748240_n_cs1e1_480x

手につけたら、つるつる・ざらざらといった質感まで伝わるというデバイスが開発中だそうです。将来的にはAVと連動させて擬似でエッチなことができちゃうんでしょうか?

VRアダルト、おさわりデバイスで超進化の予感! 勝手に期待しちゃうぞミライセンス

3Dハプティクス(触力覚)技術を使ったデバイス『3D Haptics Navigator 3D-HSDK1(仮称)』だ。開発しているのはミライセンス。
産業総合研究所出身・つくばのスタートアップだ。デバイスの震えを通じ、脳に錯覚を起こさせる。

感触を伝えるハプティクスデバイスは今までもゲームコントローラーや携帯電話などに採用されてきた。
同社は独自の震動制御アルゴリズムで、向こうから引っ張られるなど、より立体的な表現ができるのが強みだ。

「さわった感じと、圧力、そして表面の材質感を再現できる。力、圧力、ザラザラ感だけだろと言われるが、
RGB三原色とおなじで、その3つがあれば人間の触感はほぼすべて再現できる」(ミライセンス香田夏雄代表)

(中略)

●人肌に触れた感覚も再現可能
気になることが1つ、これ人肌に触れたような感覚も再現できるもんなのか……
スタートアップと大企業が集まる朝7時の会合モーニングピッチで聞いてみた。

「ぼくらの技術を使えば、人肌や、握手したような感覚も再現できる」(香田代表)

うおおおおおまじかいやあああああああ! いやでもまず落ち着こう。落ち着き大事。
基本的に震動ベースだから指先がヴヴヴヴヴってえらいことになるし、
どれくらいの精度で何をさわれるかもわからないし。うん。

VRアダルトへの応用に無限の可能性を感じて仕方ない。

VRアダルト、おさわりデバイスで超進化の予感! 勝手に期待しちゃうぞミライセンス – 週アスPLUS

そもそも、最初はゲームなどで使われる技術なんだろうけど、将来的にはAVの世界で使われるようになるのかも。

つまり、オナホでAV女優の膣の質感を味わうことができるのかもしれないと……。そしてAVの状況に合わせて、その質感が変わっていく。なんとも夢のある話です。

しかし、仮に実現したとしても、掃除が大変ですね。

ニュース」カテゴリの人気記事

コメントを残す