AV業界に君臨するCA(北都)とソフトオンデマンド(SOD)という両巨頭

投稿日:2013年8月20日 更新日:

AV業界に君臨するCA(北都)とソフトオンデマンド(SOD)という両巨頭AV業界には、CA(北都)とソフトオンデマンド(SOD)という2大AVメーカーが君臨しています。

今回はこの2つのAVメーカーをまとめてみました。

CA(北都)

MUTEKI・アイデアポケット・S1・アタッカーズ・MOODYZ・kira☆kira・MUTEKIを抱えるCAという存在をご存知でしょうか。

1990年にAVメーカー北都を創業。セルAV方式を活用し、売上をどんどん伸ばしトップメーカーとなりました。お笑い界の吉本興業みたいなもんで、量にものをいわせてエロ業界にものすごく影響力を持っています。そのくせコンテンツ作りが下手くそ。超美形のAV女優を多数在籍させクソ作品を連発させているメーカーだと思っていいでしょう。

一方で、1999年にはDMMを創業し、アダルト動画配信サイトとしてもトップへ。

FANZA(DMM.R18)の評価と解説

2000年代には、XVNという無修正アダルトサイトを運営していたけど、2008年に閉鎖していますね。DMMを大々的にスタートするために裏稼業から手をひいたって感じなのかな?

CAは、その他にも、下記の通りたくさんのグループ会社を抱えています。アダルト以外の動画配信でも売上が大きくなっているのはみなさんもご存知でしょう。

【配信部門】
株式会社デジタルメディアマート(DMM)

【WEB制作&システム部門】
株式会社ドーガ

【FX・証券事業】
株式会社DMM.com証券

「東洋経済」ではDMM グループ創業者・亀山敬司のインタビューが特集されました。

わたしのような社会の末端で生きているクソジジイなんか、名前を出すのもはばかられるような一流メディアの「東洋経済」が、がっちり正面からAVメーカー設立からDMMグループ誕生までの内実をインタビューしていました。

インタビューの内容はこんな感じ。

  • 1990年、29歳で「北都」を設立した
  • レンタルを始めたが「アリスJAPAN」などが強すぎてセルに切り替えた
  • ビデオデッキ2600台でAVのダビングをしまくった
  • どんどん壊れるので年間5000台のビデオデッキを買った
  • POS(販売時点情報管理)システムを使って売れ筋を把握した
  • 1998年からはインターネットの動画配信を始めた

現在はDMMFXやDMM英会話などを立ち上げ、CMをバンバン打ち、グループ従業員が1000人を突破する巨大企業に成長しましたが、最初はほんとうに亀山敬司氏が1人で立ち上げたアダルトビデオメーカーだったということがよくわかります。

残念ながら、業界の暗部はくわしく描かれていませんが、それでも、その時代のいかがわしさや熱量は十分に伝わってきます。かなり大作のインタビューでとっても楽しませてもらいました。

2017年には、「DMM.com」グループが、「CA」を売却します。まあ、後ろ暗い仕事をしている部分を切り離したっていうことでしょうね。

 IT企業「DMM.com」グループが、傘下だったアダルトビデオ(AV)メーカー大手「CA」を売却していたことが分かった。同グループを率いる亀山敬司会長が明らかにした。アダルト配信事業はグループ内で続けるものの、「内部での運営責任を明確にするため」に株式会社「DMM.com」から切り離す準備をしているという。AV出演強要問題が社会問題化する中、DMMはAV事業についての組織改編に乗り出した。

グループの基盤をつくった会社売却
DMMは昨年7月、18歳以上向けアダルトサイト「DMM.R18」で扱うAVは、AVメーカーらでつくる「知的財産振興協会」(IPPA)加盟法人及び加盟審査団体による審査済みの作品に限定し、該当しない作品の取り扱いを停止した。

また9月には、総合エンターテイメントサイト「DMM.com」で扱う、アイドルやタレントが出演するイメージビデオについて、18歳未満が出ている作品の取り扱いを停止した。

売却した「CA」は、昨冬には「WILL」に社名変更し、サイトも閲覧できなくなっている。CAは1990年に設立された「北都」が前身で、DMMグループの基盤をつくった会社といえる。

(中略)

亀山会長は「それ(新体制スタート)に先立ちCAは完全に売却、グループ傘下から外れ、会長も現在個人的に株を全く持っておりません。そういう経緯でCAが終了しました」と説明した。

DMM、傘下AVメーカー売却 出演強要問題の中、亀山会長の狙いは? – withnews(ウィズニュース)

SOD(ソフトオンデマンド)

一方、SODは、マジックミラー号で有名なのはみなさんご存知ですね。

SODグループはディープス・ナチュラルハイ・アイエナジー・ヒビノ・V&R・AKNR・DANDY・Hunter・サディスティックビレッジ・ROCKETなど。

1995年、テリー伊東の弟子である高橋がなりが創業し、2006年にははやくも売上100億円を達成。

高橋がなりが、マネーの虎に出演していたのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

そんな、SODは、DMMに、売上で大きく差をつけられていたのですが、最近また逆転しはじめたようです。

直近の売上でCAの売上は148億円、一方で、SODが151億円ですから、僅差ですが、SODが売上を逆転したのです。

人気記事

-AV業界の話

Copyright© 比較なう-アダルトサイトを比較解説 , 2019 All Rights Reserved.