恋野恋「AV女優解説」夫とともに児童福祉法違反で逮捕

2018年9月14日

恋野恋「AV女優解説」夫とともに児童福祉法違反で逮捕

恋野恋(こいのれん)「AV女優解説」です。

もともとは、18歳なのに16歳とサバを読んでネットアイドルとして活動していました。

その後、お菓子系グラビア→ヘアヌードを経て、2005年「ラブレター 恋野恋」でデビュー。

身長147センチの微乳のロリ系AV女優として人気となりました。

2007年にAV引退。

しかし、彼女が有名になるのは実はその後。とある事件で大きな話題となるのです。

2007年3月、恋野恋の夫が社長をつとめる芸能プロダクションが、女子校生の全裸に近い水着姿を撮影したとして、児童福祉法違反(有害目的支配)の疑いで逮捕されてしまうのです。恋野恋もスタッフの一員だったようで逮捕され本名が報道されています。芸能プロダクションの名前は「アイアップ」。仲村みうが所属していた事務所らしいので、けっこう大きなプロダクションなのではないでしょうか。仲村みうは、この事件の直前に芸能活動を休止しています。これが休業の理由だったのかな?

女子高生に過激な水着姿でDVDのモデルをさせたとして、神奈川県警少年捜査課は3日までに、児童福祉法違反(有害目的支配)の疑いで、芸能プロダクション「アイアップ」元社長、羽賀秀一容疑者(36)=東京都江戸川区西葛西=と、妻の裕子容疑者(21)ら4人を逮捕した。

羽賀容疑者は「競争が激しく過激になった」と容疑を認めているという。裕子容疑者は元アダルトビデオ女優で「恋野恋」の芸名で多数の出演作品がある。

調べでは、4人は3月20日ごろ、東京都新宿区のスタジオで、神奈川県藤沢市の高校3年の女子生徒(18)を全裸に近い水着姿で撮影。約11時間、みだらな行為を連想させるポーズをさせるなどした疑い。

同社には12〜23歳のモデルが所属。女子生徒はホームページを見て応募していた。

女子高生らが過激な水着姿で出演するDVDをめぐっては、警視庁が10月、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で出版社のプロデューサーらを逮捕。東京地検は11月、「ポルノ性が高いとはいえない」として同法の適用を見送り、児童福祉法違反の罪で起訴している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071203/crm0712032107024-n1.htm

逮捕時は18歳だけと撮影時は17歳だったっていうことで児童福祉法違反なのかな?

問題となった動画タイトルは「現役女子高生爆写 高橋美樹」。現在は販売されていませんね、当然ながら。

こちらは有限会社アイアップのwiki。

有限会社アイアップ(ゆうげんがいしゃあいあっぷ)は日本の企業。主に、映像コンテンツの制作・販売やサイト運営事業を手がける。

映像コンテンツの制作・販売を担当する部署に、アイドルファクトリーとラブドルネットがある。また、アイアップ専属のタレントを養成したりプロモーション活動したりする部署にスタイルエージェンシーがあり、仲村みうなどのジュニアアイドルを擁する。

恋野恋(こいのれん)「AVまとめ」

恋野恋のAVは FANZA(DMM.R18) で配信されています。単品購入も可能ですが、「見放題chプレミアム」なら大量の恋野恋動画が見放題です。

恋野恋(こいのれん)「AV女優画像まとめ」

koinore_40 koinore_161

恋野恋「AV女優解説」夫とともに児童福祉法違反で逮捕 恋野恋「AV女優解説」夫とともに児童福祉法違反で逮捕

 

人気記事

-AV女優解説

Copyright© 比較なう-アダルトサイトを比較解説 , 2020 All Rights Reserved.