佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美

2019年8月6日

佐藤るり

佐藤るり「AV女優解説」です。

別名 : 鈴木涼美(すずきすずみ)

本名 : 鈴木碧

年齢 : 37歳

明治学院高等学校卒。JK時代はブルセラ少女だったそうです。ちなみに、後に「燃えるゴミ女 凌辱発火点 佐藤るり」で明治学院高等学校のものとそっくりの制服でAV出演しています。もしかして本物?

2004年、慶応大学環境情報学部在学中に「BOMBER」でAVデビュー。AVデビューのきっかけはAVのスカウトとの交際。ちょいポチャの「ちょうどいいブス」って感じ。しょっぱなから抜群のテクニックでパイズリやフェラ抜きをこなしていました。そうとうな手練(てだれ)であるなと感じさせます。

高学歴AV女優ですね。父親は高名な哲学者で法政大学名誉教授。

2005年時点で、AVマニアの間では慶応在学中であることが身バレしています。

卒業後、東京大学大学院学際情報学府修士課程を修了。

2007年、AV引退。

出演作は70本。デビュー作のギャラは80万、2年間で2000万を稼いでAVに飽きてやめたそうです。

2009年、日経新聞に就職。

2010年、元彼が逆上し、彼女に親にメールをしたことでAV出演が親バレ。母からは「私はあなたが詐欺で捕まってもテロで捕まっても全力で味方するけど、AV女優になったら味方はできない」といわれたそうです。

2013年、「AV女優の社会学」を出版。

2014年、日経新聞退社。その1ヶ月後に、佐藤るりが、日経新聞記者の鈴木涼美であったことが週刊文春にすっぱぬかれて身バレ。

このスクープの後、鈴木涼美は日経新聞を辞めています。つまり、スクープのせいでやめたのではなくて、日経新聞を辞めた(後ろ盾がなくなった)からスクープされたみたいですね。

その後、鈴木涼美名義で

  • 身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論
  • 愛と子宮に花束を ~夜のオネエサンの母娘論~
  • すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない

などの本を執筆。これまでの「高学歴AV女優」なんて問題にならないくらいのインテリっぷりですね。わたしは佐藤るりって何の興味もないブサイクぽちゃAV女優だと思っていましたけど、インテリだってことがわかってからはみょうに抜けるようになりました。上から目線で、わたしみたいな高卒にはぜんぜん理解できない社会学ワードを駆使しながら雄弁にAV界を切っている様子を見ながらAVでアヘアヘいっているシーンを見たらチンポガチガチになりますよ、ほんと。

2015年以降は、「サンデー・ジャポン 」「有吉ジャポン」などに出演し、タレント業のほうがメインになっているようですね。しかし、テレビで発言する様子をみているとバカっぽくてまったくインテリに見えない。これが本当にあの本を書いた人物なんだろうかと不安になる。

2017年、「身体を売ったらサヨウナラ」が映画化。

佐藤るり「AVまとめ」

佐藤るりの無修正AVは存在しません。

佐藤るりのAVは FANZA(DMM.R18) で配信されています。単品購入も可能ですが、「見放題ch」などを利用すれば、月定額で大量にごらんになることができます。

FANZA(DMM.R18) の月額チャンネルなら「AVステーション」をおすすめします。

おすすめ作品はデビュー作の「BOMBER」。

それ以外なら「蛇縛の極道挽歌2 佐藤るり」が好き。体を縛り上げられて自白を強要されるっていうドラマAV。ムチムチのからだが緊縛でハムみたいになっていてしかも天井から吊り下げられてみっともないし、ムチでかなりガチで叩かれていたがっているのもいい。嫌がる演技がけっこう上手で緊迫感がある。インテリ高慢ちき女がいじめられているようすは楽しすぎる。サンジャポと一緒にごらんください。

佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美

蛇縛の極道挽歌2 佐藤るり

久々にいい作品を見れた。

ストーリーもちゃんとまとまっているし、完結し方もスッキリしていていい。
女優の演技も、上手てただ、喘ぐだけの芝居じゃないところが良かった。
あと、乱田舞の演技にも、驚き!
緊縛師じゃない一面を見れて良かった。

不満な点を言うとすれば、まず縛りが足りない。
股縄とか、亀甲縛りや、逆さ富士など、多彩な縛りが欲しかった。
あと、鞭で叩くシーンが少し多いような気がした。
出来れば、鞭で叩くシーンは、もう少し減らして、バイブ緊縛放置プレイなどの拷問を入れてくれれば、良かったと思う。

かわいい佐藤るりが見たければ「御注文はコスプレですね。 佐藤るり」。バニーガール・看護師・ウエイトレス・JKなどいろんなコスプレでエッチしています。JK制服でのラブラブエッチとか「あれ?佐藤るりってこんなにかわいかったっけ?」って思うほど似合う。ルーズソックスを最後まで脱がないのもいい。いかにも古き良き時代のJKエッチって感じ。しかし、時代が時代だけにモザイクが極悪なのは残念。

佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美

御注文はコスプレですね。 佐藤るり

手堅くヌケる四品

ご存知、「AV界の爆弾娘」佐藤るりの3作目。「ドスケベ」を装ってるAV女優が多い中、この人の「セックス好き」
はガチンコである。今回は、バニー、ナース、ウエイトレス、女子高生の4つのコスプレに身を包んでの濃厚セックス。
さすがに傑作とは言い難いが「手堅くヌケる」一本に仕上がっている。今回はなぜかインタビューがないのでいつもの
爆弾発言はお預け。

佐藤るり「AV女優画像まとめ」

佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美

佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美  佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美 佐藤るり「AV女優解説」日経新聞記者鈴木涼美

人気記事

-AV女優解説

Copyright© 比較なう-アダルトサイトを比較解説 , 2020 All Rights Reserved.